枝野経産相 信頼回復へ責任は重い

朝日新聞 2011年09月13日

経産相交代 政治の歯車を戻すな

きょうから、臨時国会が始まる。野田首相のデビュー戦であり、不毛な与野党対決を脱して前に進む政治を期待しよう。

と、思いきや、鉢呂経産相の辞任である。原発問題の責任者の退場は、7月の復興相の「放言辞任」に輪をかけて、政治への失望感を募らせる。

いったい、この国の政治家たちは何をしているのか、と。

鉢呂氏は福島第一原発の周辺自治体を「死のまち」と表現し、陳謝、撤回した。たしかに人影のない地域だが、国策として原発政策を進めてきた立場の人物としては、原発事故の被害者への配慮を欠いていた。

そのうえ、非公式の取材で記者団に「放射能をつけちゃうぞ」と、服の袖をなすりつけるようなしぐさをしたことも表沙汰になった。担当閣僚として、あまりに緊張感を欠いており、辞任はやむを得ない。

だが、野党の攻撃や国会運営への悪影響を恐れて、そそくさと大臣の首をすげかえただけでは、問題の本質的な解決にはつながらない。

野田政権は、福島をどう再生し、放射能の不安をどう取り除いていくのか。その具体的な手だてを早急に示すことこそが求められているのだ。

この現実に目を向けるとき、臨時国会を4日間で閉じる日程は理解できない。本格論戦を避けたがる逃げの国会運営にしか見えない。

政府・与党は第3次補正予算案の編成に専念するためというが、震災対策の議員立法を含めて、前国会から積み残された課題が山積みではないか。

公務員給与の削減や、閣僚の数を増やす法案はどうするのか。衆参両院の「一票の格差」をただすための選挙制度改革も待ったなしだ。

政権交代後、2年間もたなざらしにされている郵政改革法案や労働者派遣法改正案も決着をつける努力が欠かせない。

国会に休んでいる暇などないはずだ。

野党、とくに自民党にも注文がある。鉢呂氏を起用した首相の任命責任などを追及するのは当たり前だ。だが、それでまた与野党がにらみ合い、ものごとを決められない政治に歯車を戻してはならない。

内閣支持率のV字回復には、新政権への期待感だけでなく、政治全体が機能不全を脱してほしいという国民の切なる願いも込められていると見るべきだ。

だから自民党には政権批判に終始することなく、ともに政治の成果をあげる重い責任を自覚した行動を求める。

毎日新聞 2011年09月13日

枝野経産相 信頼回復へ責任は重い

東京電力福島第1原発事故をめぐる一連の不適切な言動で引責辞任した鉢呂吉雄前経済産業相の後任に、枝野幸男前官房長官が就任した。重要閣僚が、被災地の政府への信頼を失墜させ、わずか9日目で辞任したことは、野田政権にとって大きな痛手だ。枝野新経産相は、まず被災地の信頼を早急に回復しなければならない。

辞任劇は、あまりにお粗末だった。野田佳彦首相は「福島の再生なくして日本の再生はない」と、東日本大震災、とりわけ原発事故の被災地復興を最重点課題と位置づけていた。

それには、被災地との強い信頼関係が不可欠だ。首相は、就任後初の視察地に福島県を選び、その意思を示そうとしたが、同行した鉢呂前経産相の心無い言動は、被災地の人々の思いを踏みにじる結果になった。適性より、党内融和を重視した人事のツケといえ、首相の責任が問われてもやむを得まい。

枝野経産相は、前政権の官房長官として、当初から東日本大震災、原発事故の対応に当たってきた。事故の経緯に詳しいだけでなく、「対応が遅い」「場当たり的だ」といった前政権への批判も十分認識しているはずだ。その反省も生かし、被災地の信頼を回復するための具体的な行動を期待する。

産業・通商政策に関しても今回の辞任、交代で停滞を招くことがあってはならない。中でも、製造業の海外移転に歯止めをかけ、国内雇用を確保するための空洞化対策は重要だ。それには、国内にとどまることによるコストを引き下げなければならず、低廉なエネルギーの安定供給、貿易条件の改善につながる環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加などがカギをにぎる。

エネルギーの安定供給をめぐり、野田政権は、定期検査で停止した原発を安全確認のうえ、再稼働させる意向を示している。しかし、何をもって安全というか、明確な指針が示されているわけではない。一方で、原発依存度を段階的に引き下げる「減原発」を進めるため、中長期的なエネルギー政策の見直しも急務になっている。いずれも、具体化には経産相の指導力も欠かせない。

TPPに関し、鉢呂前経産相は慎重な姿勢を示していた。枝野経産相には、日本経済の発展という総合的な見地から、より積極的な取り組みを期待したい。

震災から半年を経て、復旧・復興のための第3次補正予算の編成、財政健全化と経済成長の両立など、野田内閣には喫緊の課題が山積している。閣僚の失言で、時間を空費している余裕はないはずだ。各閣僚の一段の自覚を求めたい。

読売新聞 2011年09月13日

枝野新経産相 TPPと原発政策で手腕示せ

被災地への無神経な言動で辞任した鉢呂吉雄前経済産業相の後任に、野田首相は枝野幸男前官房長官を任命した。

枝野氏は、失政を重ねた菅政権で、民主党幹事長、官房長官の要職にあった。ただ、答弁能力には定評があり、「即戦力」を期待されての起用である。

党内では小沢一郎元代表と距離を置く立場の枝野氏だが、首相も党内融和ばかりにこだわってはいられないということだろう。

首相には、組閣に当たって「適材適所」と説明した責任がある。内閣発足早々の経産相交代について、国会で釈明し、陳謝しなければ、政治は前に進むまい。

枝野氏の懸念材料と言えば、官房長官時代、東京電力の取引金融機関に一部の債権放棄を求め、大きな反発を招くなど、時に「アンチビジネス(反企業)」的な姿勢が見え隠れすることだ。

だが、首相は、経団連の米倉弘昌会長らと会談し、経済界とも連携を強めていく方針を明確に示している。具体的な産業振興策をどう打ち出すか。枝野氏には、その実行力が問われよう。

喫緊の課題は、自由貿易推進のための環太平洋経済連携協定(TPP)参加問題である。米国や豪州など9か国が本格的な交渉を進めている。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で大枠について合意する可能性がある。

枝野経産相は記者会見で、「国内外の状況をにらみながら的確に判断する。見切り発車できない」と述べた。残された時間は少ない。早期参加に向け、前原政調会長と連携して、民主党内の合意形成に全力を挙げるべきだ。

定期検査で停止している原子力発電所の再稼働を急ぐ必要もある。安全性を確保することは無論、重要だが、いたずらに再稼働を遅らせるべきではなかろう。

経産相はまた、脱原発の是非に関して国民的な議論が必要だとし、「新エネルギー開発、省エネを進め、原発がなくても大丈夫な状況」を目指す考えを示した。

明確な展望を欠いた「脱原発依存」ではなく、安定的な電力供給を実現するエネルギー戦略の再構築が求められる。

少子高齢化が加速する中、成長戦略が一向に具体化しないことも問題だ。官民連携による新幹線や原発などインフラ輸出をはじめ、超円高に苦しむ中小企業対策に力を入れることが必要である。

一段と進む産業空洞化、雇用の悪化を食い止めるための方策を示してもらいたい。

読売新聞 2011年09月11日

鉢呂経産相 無神経発言での辞任は当然だ

高い支持率で船出した野田政権が、いきなりつまずいた。

鉢呂吉雄経済産業相が10日、福島県の原子力発電所視察を巡る失言の責任を取って辞任した。

原発事故がまだ収束しない中、原子力政策の担当閣僚が、被災者たちの感情を踏みにじるような発言を繰り返すようでは、資質が疑われる。野党側からも鉢呂氏の辞任を求める声が強まっていた。

辞任は当然だ。野田首相の任命責任も問われよう。

鉢呂氏は8日、野田首相に同行し、東京電力福島第一原発や周辺自治体を視察した。

帰京後、議員宿舎で記者団の取材を受けた際、着ていた防災服の袖を記者にこすりつけるようなしぐさをして、「ほら、放射能」などと語ったとされる。

鉢呂氏は「言葉は正確に記憶していない」と釈明したが、風評被害を抑えるべき立場にある政治家としては、あまりに無神経だ。

9日の記者会見では、視察した原発の周辺市町村を「死のまち」と表現した。事故対応に全力を挙げるべき内閣の一員から、ふるさとを「死のまち」と呼ばれては、被災者は到底納得できまい。鉢呂氏は陳謝して発言を撤回した。

鉢呂氏は産業・通商政策に関しても腰の定まらない発言が目立った。環太平洋経済連携協定(TPP)については「関税ゼロと農業再生の両立は難しい」と後ろ向きの姿勢を示していた。

原子力政策でも、将来は基本的に「原発ゼロ」になるとの見通しを語るだけで、エネルギー安定供給への認識には乏しかった。

首相が早期幕引きを図った背景には、13日から始まる政権初の臨時国会を控え、失言に対する野党の追及で厳しい国会運営を強いられるとの判断があろう。

重要閣僚が就任から9日目に辞任する事態は、野田政権には極めて大きな打撃だ。

東日本大震災を巡っては、7月に松本龍・前復興相が失言で辞任している。政治への不信感はさらに増幅するばかりである。

鉢呂氏以外にも、政府・与党からは不用意な発言が飛び出している。一川防衛相は「安全保障に関しては素人だ」と発言し、平野博文国会対策委員長も「内閣が不完全な状態では十分な国会答弁ができない」と語った。

震災復興、円高対策、外交問題など、野田政権には多くの政策課題が待ち構えている。首相は早急に体制を立て直し、政権運営に万全を期さねばならない。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/822/