「警戒区域」設定 住民に説明と代償措置が要る

毎日新聞 2011年04月22日

警戒区域設定 住民感情配慮し運用を

避難住民の心情に十分配慮して運用する必要があるだろう。

東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内は22日午前0時、原則として立ち入りが禁止され、退去も命じられる「警戒区域」に設定された。

半径20キロ圏内は、原発事故後、原子力災害対策特別措置法に基づき、避難指示が出された。大半が圏外に避難したが、少なくとも数十人は現在も住んでいるとみられる。一方で、家財を持ち出す目的などで立ち入る避難住民が後を絶たなかった。

放射性物質への対策が不十分なまま、人の出入りが続く状態は好ましくない。さらに、地元自治体からは、外部からの空き巣被害など防犯上の心配をする声が上がっていた。

政府は今回の措置に当たり、地元自治体に必要性を説明した。いつ自宅に帰れるか見通しが立たない中、納得できない避難住民の思いは理解できるが、全体としてやむを得ない対応ではないだろうか。

退去命令は、災害対策基本法に基づくもので、拒めば10万円以下の罰金か拘留が科される規定もある。

だが、警察当局は、拒む人を強制的に退去させることはないようだ。

圏内住民は約2万7000世帯8万人に上る。

枝野幸男官房長官は、半径3キロ以内を除く避難住民の一時帰宅を集団で実施することも併せて公表した。一時帰宅は1世帯1人に限り、在宅時間は最大2時間で、持ち出し品は必要最小限にするというものだ。

また、防護服や放射線量を測る線量計を用意し、帰宅後はスクリーニングを実施し、必要なら放射性物質を落とす「除染」もする。

このような条件によって1~2カ月で希望世帯の帰宅を一巡させたい意向だ。帰宅の順番については、住民の話し合いを尊重するなど、柔軟に対応してもらいたい。

実施に当たっては不確定要素もある。天候や風向き次第では、帰宅に適さない日もあるだろう。原発で新たな事態が起きた時、どう避難住民の安全を確保するのか。避難所などに戻るのを拒否する人が出た場合はどう対応するか。政府や自治体は、しっかりとシミュレーションしておくことも求められる。

「自宅に戻って罰金なんて」「唐突だ」という避難住民の困惑や不満はもっともだ。だが、ルールに沿ってできるだけ多くの人の一時帰宅を実現しようという苦肉の仕組みでもある。冷静な対応をお願いしたい。

家畜の世話や高齢を理由に今後もとどまりたいという人たちの説得も続くだろう。住民の福利厚生に支障が出ぬよう、避難場所の確保や補償について最終的に政府が責任を持つのは当然である。

読売新聞 2011年04月22日

「警戒区域」設定 住民に説明と代償措置が要る

東京電力福島第一原子力発電所の半径20キロ・メートル圏内が、22日から、原則立ち入り禁止の「警戒区域」になった。

被災地視察のため、21日、福島県庁を訪れた菅首相が佐藤雄平知事に伝えた。

避難所を回る首相には、住民たちから「早く原発を収束させてくれ」「我慢も限界だ」といった厳しい口調の訴えが相次いだ。

警戒区域の設定は災害対策基本法にもとづく措置で、違反すると罰金10万円などの罰則がある。

すでにこの地域は「避難指示」が出ており、約8万人が圏外に避難している。だが、強制力がないため、圏内の自宅などに100人前後がとどまっているという。

生まれ育った家を離れたくないというお年寄りがいる。牛などの家畜を見捨てて避難できないという酪農家もいる。説得しても応じない。その強い思いは簡単には変えられないだろう。

避難した住民の中にも、貴重品などを取りに戻る人がいる。

原発が安定せず、放射能汚染も続く中、圏内の住民の安全に配慮して、福島県の要請を受けた政府が警戒区域を設定した。

空き巣などの発生も懸念されており、防犯面からも立ち入りを禁止すべきだとの声があった。

やむを得ない措置だろう。

ただ、政府は、圏内にとどまろうとする住民たちを強権的に退去させるようなことはせず、真摯(しんし)に説得を続けてもらいたい。

同時に、避難している住民たちの要望を十分に聞き、警戒区域の設定に伴う一時帰宅などの対策を円滑に進める必要がある。

近く実施される最初の一時帰宅は1世帯1人に限られ、自宅にとどまれるのは2時間までという。これでは品物の運び出しも、家の状況を確かめることも難しい。

帰宅できる人数を増やし、放射線量を見極めつつ、滞在時間を延長することも検討してほしい。

必要な台数のバスと運転者、防護服やマスクなどを確保し、定期的に一時帰宅を実施する計画を住民に示すべきである。

東電が示した原発事故処理の工程表では、放射性物質の漏出を食い止めるまで半年以上かかる。それまで、警戒区域の設定が解除されることはないだろう。

政府と地元自治体は、原発の状況や放射線量などの情報を詳しく説明し、安心して一時帰宅できる環境を作ってもらいたい。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/716/