子供の臓器提供 国内で移植を完結する一歩に

朝日新聞 2011年04月14日

子供の臓器移植 透明さが信頼を築く

改正臓器移植法に基づいて初めて、脳死と判定された15歳未満の子どもから臓器提供を受けた移植手術が行われた。

臓器提供者になったのは10代前半の男の子で、事故で重いけがをした。心臓が10代の男性に移植されたのをはじめ、肺や肝臓、腎臓なども各地の患者に移植される。

臓器提供する家族は常に厳しい決断を迫られるが、子どもの突然の死に直面した両親にとってはとりわけ、つらい決断だったに違いない。その重い決断を尊重し、臓器移植を定着させていくためには、課題はなお少なくない。

何より大切なのは、臓器提供までの経過をわかりやすく説明する透明性だ。子どもの場合はとくに、虐待ではないことの確認もいる。

改正臓器移植法は、本人が拒絶していない限り、提供の意思が不明でも家族が同意すれば、脳死判定後に臓器の提供ができるようになった。旧法では15歳未満の子どもからの提供はできなかった。

それだけに、本人が拒絶していないことの確認や、家族が臓器提供について十分な情報を与えられたうえで、自由な意思で判断したことの保証が重要だ。こうした過程を可能な限り明らかにする必要がある。

今回、家族もできるだけの公開を考えたという。だが日本臓器移植ネットワークは、家族のプライバシーを理由に、少年の脳死の判定をした病院がどこにあるか、また、同意を得るまでの時間的な経過や病院内の倫理委員会の審議など、詳しい過程を明らかにしなかった。

プライバシーは守らなければならない。

しかし配慮しつつ、臓器提供にいたるまでの経過を明らかにすることはできるはずだ。家族の葛藤もふくめて伝えてこそ、移植への理解が広まるのではないか。

昨年7月の法改正からの9カ月で、大人での脳死からの臓器提供は41例にのぼる。うち38例が家族の承諾によるものだ。以前は年間10例程度だったことを考えれば、大幅な増加である。

それに比べると、子どもの場合は難しい。脳死判定もそうだし、臓器提供に対応できる医療機関も限られる。技術的な態勢の整備はもちろん、信頼されるシステム作りが欠かせない。

移植件数の急増もあって、厚生労働省に置かれた臓器移植に関する検証会議の作業は滞っている。少なくとも子どもの例は優先して検証し、その結果を示すことが信頼につながる。

読売新聞 2011年04月14日

子供の臓器提供 国内で移植を完結する一歩に

交通事故で頭部に重傷を負った10代前半の少年が脳死と判定され、心臓や肺などが5人に移植されることになった。

昨年7月に施行された改正臓器移植法にもとづき、15歳未満の子供が臓器提供者となる初のケースだ。心臓は同じ10代の少年に優先提供された。

外国に頼るしかなかった子供からの臓器移植が実現したことは、移植医療を国内で“完結”する第一歩になるだろう。

1997年にできた臓器移植法は、本人が意思表示カードなど書面で提供の意思を示していなければ、臓器移植を認めなかった。

法的に有効な意思表示ができるのは、民法で15歳以上とされ、それより幼い子供からの臓器提供は禁じられてきた。このため、小さな臓器を必要とする乳幼児などが脳死移植医療を受けるには、海外に行くしか方法がなかった。

国内は不可能だから外国で臓器提供を受ける、という在り方は、国際的な批判を浴びてきた。移植法改正に踏み切った背景には、世界保健機関(WHO)が「臓器移植は自国内で完結すべきだ」との指針採択に動いたことがある。

昨年施行の改正法は、欧米などと同様、本人が提供拒否の意思を示していない限り、年齢にかかわらず家族の判断で臓器提供を可能にした。今回の事例も、両親など家族の承諾によって脳死判定と臓器提供が行われた。

改正前の13年間で86例だった脳死移植は、改正後9か月で42例となった。10倍近いペースで“命のリレー”が行われている。

いずれは、もっと幼い子の臓器提供もあるだろう。子供の場合は大人より一段と厳格な脳死判定を行い、親からの虐待の有無なども慎重に見極めねばならない。

今回、こうした確認がきちんと行われた過程はある程度まで公表されているが、脳死と判定するまでの病院内での検討内容など、より詳細な情報公開が必要だ。

子供の脳死移植に対する信頼を培うために、厳密な検証作業を怠ってはなるまい。

前途ある我が子を失った親が、悲しみの中で決断した臓器提供の尊さを(おも)わずにはいられない。

「息子は世の役に立つ大きな仕事をしたいと言っていた。臓器提供で命をつなぐことができる人たちのために彼の身体を役立てることが、彼の願いに沿う」。少年の両親が公表したコメントだ。

臓器提供者となった少年と家族の気持ちに応えるためにも、移植医療を着実に進めていきたい。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/708/