死刑求刑で無罪 究極に臨んだ裁判員

朝日新聞 2010年12月11日

鹿児島判決 40日かけ、見つけた無罪

検察側が死刑を求刑した裁判で、無罪が言い渡された。昨年5月に裁判員制度が始まって初のケースだ。裁判官だけで審理していた時代を含めても数えるほどしかない。人々の記憶に刻まれる判決になるだろう。

鹿児島市内の自宅で夫婦が殺害された。強盗殺人罪に問われた男性は関与を否定し、被告と犯行を直接結びつける証拠はなかった。検察側は残された指紋や掌紋が被告と一致することを柱に、金に困っていた、アリバイがないなどの状況証拠を積み重ねた。

これに対し鹿児島地裁は、被告が現場に行ったと認めたうえで、その事実を否定する被告はうそをついていると判断した。一方で、現金が残るなど強盗目的の犯行とするには疑問がある、警察の現場保存や証拠収集がずさんで別人の関与を否定できないなど、多くの問題点を挙げ無罪とした。

有罪か無罪か。その判断はしばしば「円」を描く作業に例えられる。

検察側が示した証拠とそれによって認められる事実が円としてつながれば有罪といえるし、どこかにほころびがあってつながらなければ有罪にはできない。きのうの判決理由からも、裁判員と裁判官が「線が途切れている」と判断したことがうかがえる。

あわせて感じるのは、裁判員制度の導入に伴い、刑事裁判の原則が改めて確認・周知されたことの意義である。

有罪が確定するまでは被告を無罪と見なす。書面でなく、法廷で直接見聞きした証拠に基づいて判断する。立証する責任はあくまでも検察官にある。その主張に間違いはないと確信できない場合は、被告の利益になるよう無罪を言い渡さねばならない――。

従来の刑事裁判は真相の解明を重視し、結果として有罪に流れる傾向があった。近年「検察の立証が十分かを見極めるのが裁判の役割」という方向で見直しが進んでおり、今回の判決もその延長線上に位置づけられよう。

警察や検察は、地裁が示した疑問や指摘を正面から受け止め、今後の捜査と公判に生かさなければならない。鑑識作業などの不手際への批判だけでなく、判決は、被告に有利に働く証拠を進んで提出しようとしなかったと、検察側の姿勢を厳しく追及している。反省材料は多いのではないか。

この裁判は、裁判員の選任から判決まで40日間を要し、物心両面で市民にかかった負担は大きかった。日程や審理計画に問題はなかったか、どんなサポート体制をとるべきか、裁判所を中心に不断の点検が必要だ。

しかし、背負う荷の重さを理由に制度を否定的にとらえるのは慎みたい。国民一人ひとりが刑事裁判に参加する意義を常に頭に置き、その実現のためにどんな工夫や手直しをしていくか。前向きな議論こそが求められる。

毎日新聞 2010年12月11日

死刑求刑で無罪 究極に臨んだ裁判員

「死刑か無罪か」という究極の判断を迫られた鹿児島地裁の裁判員裁判で無罪が言い渡された。

被告は、鹿児島市で高齢夫婦を強盗目的で殺害したとして強盗殺人罪に問われたものの、否認していた。

判決は「本件程度の状況証拠で被告を犯人と認定することは『疑わしきは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則に照らして許されない」と指摘した。殺人罪に問われた被告について、裁判員裁判で無罪判決が出るのは全国で初めてでもある。

被告は「被害者宅に行ったことは一度もない」と供述した。だが、殺害現場の網戸には被告のDNA型と一致する細胞片、また整理だんすなどには指紋や掌紋が残っていた。

判決は、その点について「行ったことがないとの被告の供述はうそである」と認定し、DNAや指掌紋が偽装工作されたとする弁護側の主張も退けた。

一方で、被告に有利な事情にも目を向けた。凶器であるスコップから被告のDNAや指掌紋が検出されていない点に判決は強い疑問を呈した。また、スコップでめった打ちにした殺害方法についても「怨恨(えんこん)を疑わせ、金品目的の強盗だったのか疑問が残る」と指摘した。

指掌紋を採取する状況を写真撮影していない点など、警察の鑑識活動のずさんさも批判した。それらを総合し「被告を犯人とは推認できない」との結論になったのだという。

40日間に及ぶ異例の長期裁判だった。会見に応じた裁判員らは、それでも「あっという間」と振り返り「証拠に基づいて中立的な立場で話し合いをした」と述べた。

DNAや指紋の証拠評価が厳しい認定であるのは間違いない。従来の裁判官だけの裁判では、反対の結論になったとの見方もあるだろう。

だが有罪認定に当たり、より厳しい立証を求める最高裁の最近の判断を判決は踏まえたとみられる。最高裁は今年4月、大阪市平野区で02年に2人を殺害したとして高裁で死刑判決を言い渡された被告の判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

その際、「状況証拠の中に、被告が犯人でなければ合理的に説明できない事実関係が含まれていることを要す」との判断を初めて示した。今回の判決要旨には、その判例をほぼ引用した表現がみられるのだ。

いったん執行されれば取り返しがつかない死刑の判断にかかわるのである。裁判員らが、最大限の慎重さで審理に臨むのは当然だ。冤罪(えんざい)が確定した足利事件などの影響も否定できないだろう。

同様の事件で、検察側が今後より緻密な立証が求められるのは間違いない。捜査も含め見直すべきだ。

読売新聞 2010年12月11日

死刑求刑に無罪 検察の甘い立証を突いた判決

被告を犯人と断定するには、証拠が十分ではない。裁判官と裁判員は、こう結論付けた。

鹿児島地裁は、強盗目的で老夫婦を殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた71歳の男性に無罪を言い渡した。

死刑が求刑された裁判員裁判で、初の無罪判決である。

判決は、「真相解明のための必要な捜査が十分に行われたのか疑問が残る」と、立証の甘さを指摘した。捜査当局にとっては、大きな失点と言えよう。

被告は、犯行を一貫して否認していた。このため、検察は、犯行現場に残っていた被告の指紋などの証拠を積み上げて、有罪に持ち込もうとした。

判決は、現場のタンスなどに被告の指紋や掌紋が付着していたことや、タンスに荒らされた形跡があることを認定した。「被告が犯行時間帯に現場に侵入し、荒らされた状態を作り出したと強く疑われる」との見方も示した。

「被害者宅に行ったことは一度もない」とする被告の供述についても「うそである」と断じた。

その一方で、判決は「被告が犯人であることを否定する事情が多々認められる」と指摘した。

特に、凶器となったスコップに被告の指紋などが残っていないことを重視した。被告の衣類などから血液反応が検出されなかったことも挙げた。

被告が老夫婦宅に侵入した証拠はあっても、2人を殺害した証拠は十分でないというわけだ。

「疑わしきは被告の利益に」という刑事裁判の原則に照らし、裁判官と裁判員は極めて慎重な判断を示したといえる。

今回の裁判は、裁判員の選任手続きから判決までに40日間を要した。これまでの裁判員裁判の中で、際立って長い日程だった。被告が否認する難しい事件のため、裁判所は時間を十分に確保して、審理を尽くそうとしたのだろう。

確かに、難事件の場合、公判の長期化は、どうしても避けられない面がある。

だが、仕事を休んだり、家事を家族に頼んだりして、裁判所に通う裁判員には、大きな負担がかかるのも事実だ。40日間も裁判のことを考え続ける心理的重圧も、想像以上のものだろう。

裁判員は記者会見で、「家族に迷惑をかけたし、仕事でも大変だった」「職場の協力があり、何とかやることができた」などと語った。こうした声を、今後の裁判員裁判の運用に生かしたい。

産経新聞 2010年12月11日

鹿児島強殺無罪 厳密な立証求めた裁判員

強盗殺人罪に問われ、全面否認していた被告に対し死刑が求刑された裁判員裁判の判決が鹿児島地裁であり、無罪が言い渡された。

「疑わしきは被告人の利益に」との刑事裁判の大原則に沿った判決といえるが、死刑求刑の裁判員裁判では初めての無罪である。判決の意味を重く受け止めたい。

一方で判決は、現場で採取された指紋や細胞片のDNA型が「被告のもの」とする鑑定結果を認め、「現場の被害者宅には行ったことがない」とする被告の供述は虚偽であると断じている。

最も避けられるべきは、裁判員裁判が冤罪(えんざい)を生むことである。

有罪であれば厳刑が予想されたこの公判で、裁判員に判断を求めるには証拠が不十分だったということだ。警察、検察当局はこれを重大な結果と受け止めて、捜査、立証手法などを洗い直すべきだ。上級審の判断も求められる。

死刑求刑の裁判員裁判は5件目だが、これまで死刑判決は3件出ている。被告は昨年6月、鹿児島市内の高齢者夫婦宅に侵入し、スコップで2人を殺害したとされたが、捜査段階から一貫して容疑を否認してきた。

これまでの裁判員裁判の死刑求刑公判は、いずれも被告が容疑事実を認めたものばかりだった。それだけに、同地裁の6人の裁判員は「有罪か無罪か」「有罪なら死刑を選択すべきか」など、極めて難しい判断に直面していた。

判決は鹿児島県警に対しても、「真相解明に必要な捜査をしたかどうか疑問だ」と批判した上で、「この程度の証拠だけでは、犯人とは決めつけられない」と厳密な捜査を強く迫った。

裁判員を務めた男性の一人は判決後、「証拠が不十分だったと言わざるを得ない」との感想を漏らした。

警察、検察当局は今回、状況証拠の積み重ねで立証していく捜査手法をとったが、判決では「被告を有罪とするには合理的疑いを差し挟む余地のない程度に立証されることが必要」とされた。

否認する被告に対し、死刑が求刑される裁判は今後も続くことが予想される。迅速な審理を求められる裁判員裁判で、判断が困難なケースが出てこよう。今回の判決は、そうした裁判員裁判のありように問題を投げかけた。上級審の責任も大きなものとなる。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/589/