臨時国会閉幕 仙谷長官で乗り切れるか

朝日新聞 2010年12月04日

臨時国会閉幕 酷評を甘受し続けるのか

与野党が対決姿勢でにらみ合ったまま、臨時国会が幕を閉じた。

徹底した議論を通じて合意を見いだす「熟議の国会」。法案ごとに多数派形成を図る「部分連合」。国会のねじれを契機とした新しい「政治のかたち」は見えてこなかった。

国民が望む国会の姿にはほど遠い。与野党双方に猛省を促したい。

補正予算を除き、今国会でも実に多くの重要法案がまともに議論すら行われず先送りされた。

政治主導確立法案、地球温暖化対策基本法案、地域主権改革関連法案、労働者派遣法改正案、郵政改革法案……。いずれも民主党政権の目玉政策のはずだが、政権交代から15カ月もたつのに中ぶらりんが続いている。

「動かない政治」「結論を出せない政治」に、もどかしさを禁じ得ない。

朝鮮王朝時代の文書を韓国に引き渡す日韓図書協定の先送りも残念だった。今年は韓国併合100年の節目にあたり、格好の外交成果となりえた。これすら合意できない与野党の感度の鈍さが情けない。

党派を超えて取り組まなければいけない消費税引き上げや年金を含む社会保障制度改革をめぐっても、与野党協議の機運は生まれなかった。

一義的な責任はもちろん政権与党にある。小沢一郎・元民主党代表の国会招致に二の足を踏み、尖閣諸島や北方領土をめぐる外交問題で後手に回り、閣僚の失言も頻発した。

閣僚の問責決議案を連発した野党の対応も、政略優先に傾きすぎだった。政権への打撃ばかりを狙う姿勢には、ねじれ国会で重い責任を共有しようという意識はまったく感じられない。

民主党はいまだ政権運営に習熟できず、自民党も二大政党の一翼を担うにはあまりに粗末な姿をさらし続ける。荒涼たる政治の風景である。

政治不信という現象は民主主義社会には常につきまとう。しかし、歴史的な政権交代という信頼回復の絶好機すら生かすことができないまま、有権者の幻滅だけが深々と広がっていく。

年明けの通常国会でどう出直すか、与野党ともがけっぷちである。

菅直人首相は通常国会に先立つ来年度予算編成を通じて、政権が目指すものを国民に明確に示す責任がある。「何をやりたいのかわからない」という酷評にいつまで甘んじているのか。

与党からの歳出増圧力は強く、各省の予算要求の絞り込みも不十分だ。限られた財源をどの政策に投入するか、厳しい決断を避けて通れない。

民主党政権が一からつくる初めての本予算であるが、首相はラストチャンスのつもりで指導力を発揮すべきだ。それができなければ、政権はいよいよ存亡の危機に追い込まれると覚悟しなければならない。

産経新聞 2010年12月04日

臨時国会閉幕 仙谷長官で乗り切れるか

臨時国会が閉幕したが、菅直人首相の政権運営が現状のままでは立ち行かなくなることは明らかである。

政権運営の要である仙谷由人官房長官が参院で問責決議を受けたにもかかわらず、仙谷氏をその職にとどめておくことの支障が広がっている。このことに目をつぶってはなるまい。

自民党は仙谷氏が居座ったままなら来年の通常国会を冒頭からボイコットする方針を表明した。

首相は来年度予算編成に先立ち、仙谷氏の更迭と兼務させている法相の人事などを行い、新布陣で臨むしか方策はあるまい。

仙谷氏の問責が可決されたあと、野党側が与野党党首会談で仙谷氏の同席を拒否し、全閣僚が出席する党首討論も開けなかったことをどうみるのか、である。

仙谷氏は3日の記者会見で、自らの進退について、「首相が今日か明日に『これでいい』というかもしれないし、法相に専念せよといわれるかもしれない」と語った。その後、「両方頑張る」と修正したが、官房長官を辞任して法相専任となる可能性を示唆したと受け止められる。

官房長官が自衛隊を「暴力装置」と発言したことが、どれほど自衛隊の士気を低下させたか。国を担う統治責任の意識がないことは、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件での船長釈放などの判断にも表れたといえよう。

一連の問題発言などの責任をとらないまま、法相専任で閣僚に居座ろうなどという発言は耳を疑う。首相と仙谷氏の間でどれだけ意思疎通が図られているのかも疑問だ。

朝鮮半島情勢が緊迫化しているのに加えて、尖閣諸島沖に中国の漁業監視船が再三再四出没するなど、日本の平和と安全が確実に危うくなっている。喫緊の課題は国の守りである。首相は、国防に関する重要事項などを審議する安全保障会議の中心メンバーでもある官房長官ポストの重大さを認識すべきだろう。

衆参ねじれの下で、野党の協力がなければ法案の成立も困難だ。首相は消費税の与野党協議を呼びかけていたが、問題解決の先送りは与野党の信頼関係を壊す。

小沢一郎元民主党代表の証人喚問を拒むのも党内対立を避けたいからだろう。懸案先送りは政権にとってもはや限界に来ている。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/580/