防衛白書先送り 竹島で過度の配慮は問題

読売新聞 2010年07月29日

防衛白書延期 禍根残す政府の事なかれ主義

日韓関係に波風を立てたくない、という無責任な事なかれ主義であり、今後に禍根を残すと言わざるを得ない。

政府が、30日に予定していた2010年版防衛白書の閣議了承を9月に延期した。

仙谷官房長官は、延期の理由について、韓国の哨戒艦沈没事件に関する国連の動きや、防衛大綱見直しの報告書などを新たに記載することなどを挙げた。到底、納得できる説明ではない。

本来、こうした動きをいちいち追加する必要性はない。既に約940万円をかけて、1万4000部以上を印刷した白書の公表を延期する理由として不十分だ。

政府関係者によると、本当の理由は韓国側への配慮だとされる。防衛白書は例年、竹島を「わが国固有の領土」と明記している。今年は8月29日に日韓併合条約発効100年を控えており、反日感情を刺激したくなかったという。

だが、政府の白書が、竹島は日本固有の領土という政府見解を盛り込むのは当然のことだ。

竹島の領有権を主張する韓国側は毎年、抗議しているが、日韓関係を損なうほどではなかった。日韓併合100年を前に、反日感情の高まりを懸念する向きもあるものの、現時点で、そんな動きは表面化していない。

政府は、例年通り、白書を淡々と公表すべきだった。

公表直前に異例の形で延期し、姑息(こそく)な説明を加えたことで、かえって竹島問題が注目を集めてしまい、日韓関係にも逆効果ではないか。菅政権の判断ミスである。

防衛、外務両省は、白書を予定通り公表するよう主張していた。前原国土交通相と長島昭久防衛政務官が先週韓国を訪問した際、一部の関係者から配慮を求められた。その報告を受けた菅首相と仙谷長官が延期を決めたという。

米軍普天間飛行場移設問題などで露呈した民主党政権の「()しき政治主導」の典型例と言える。

民主党政権は昨年12月にも、新学習指導要領の高校地理の解説書で竹島問題への言及を見送っている。このように、言うべきことを言わない対応を続けては、日本は国の根幹にかかわる問題でも譲歩すると見られかねない。

竹島は、歴史的にも国際法上も日本の領土である。韓国は、日本にとって重要な隣国だが、領土問題で安易な妥協は禁物だ。

領土問題で主張が異なっても、2国間関係をきちんと維持することは十分可能なはずであり、そうした外交こそ追求すべきだ。

産経新聞 2010年07月29日

防衛白書先送り 竹島で過度の配慮は問題

30日に予定された防衛白書の閣議了承が先送りされた。8月29日の日韓併合100年を控え、竹島をめぐる記述に対する韓国の反発への配慮とみられる。主権国家として由々しき問題である。

仙谷由人官房長官は韓国哨戒艦撃沈事件などを挙げ、「直近の北東アジアの安全保障上の重要事項を書くべきだとの指摘があった」と理由を説明した。北東アジア情勢は動いている。だが、日本固有の領土である竹島を韓国が不法占拠していることを日本は容認できない。これは国家存立の原則であり揺るがしてはならない。

防衛白書は平成18年版から毎年、「わが国固有の領土である北方領土や竹島の領土問題が依然、未解決のまま存在している」と明記し、韓国はこれに抗議してきた。22年版も同様の記述だ。

一方、仙谷官房長官は16日の記者会見で、日韓併合100年に際して菅直人首相の「談話」発表を検討する意向を示した。談話の中身は分からないが、その前に竹島問題での韓国との摩擦を避けたいとの思惑が透けて見える。

だが、白書の閣議了承を9月以降に延期したところで、韓国は反発してくるはずだ。竹島に関する記述が変わらないのなら、延期はほとんど意味がない。

竹島問題で民主党政権は韓国への過剰な配慮が目立つ。昨年末、文部科学省が発表した高校学習指導要領解説書は領土問題では「竹島」と明記していなかった。

岡田克也外相は4月の衆院外務委員会で、竹島が韓国に不法占拠されている問題で「不必要な摩擦を招かないため、その言葉(不法占拠)は使わない」と答えた。

同じころ、韓国の政府系機関が竹島周辺海域の海洋地質調査のための船舶を派遣したことに対し、日本は外務副大臣が駐日韓国大使に電話で抗議しただけだ。

その一方で、韓国は竹島に設けたヘリポートの大規模改修計画などを進め、既成事実化を図っている。日本側の一方的な配慮がどんな結果を招くのか。菅政権は事の重大さに早く気づくべきだ。

韓国と日本は北朝鮮の拉致や核問題などで協力しなければならない関係にある。だが、それと竹島問題は次元が違う。主権が絡む領土やEEZ(排他的経済水域)などの問題では、国として言うべきことを内外に分かる形で、はっきり主張しなければならない。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/432/