名古屋場所閉幕 「再生」の道はいまだ遠い

読売新聞 2010年07月27日

名古屋場所閉幕 「賜杯なき優勝」を繰り返すな

野球賭博問題に揺れた大相撲の名古屋場所は、横綱白鵬の3場所連続全勝優勝という戦後初の快挙で幕を閉じた。

日本相撲協会が外部からの表彰を辞退したため、表彰式で白鵬に贈られたのは、優勝旗と賞状だけだった。

自身の連勝記録を、大鵬の45を上回る47に伸ばした白鵬は、「大変な場所だった」と涙を浮かべ、「力士代表として、天皇賜杯だけは頂きたかった」と語った。

このような事態を繰り返さないためには、相撲協会は改革を推し進め、ファンの信頼を一刻も早く取り戻さなくてはならない。

だが、残念ながら、名古屋場所中にも角界と暴力団関係者の親密な関係がうかがえる複数の事例が明らかになった。特に、看過できないのは、元大関若嶋津の松ヶ根親方の問題である。

松ヶ根親方は、暴力団と関係が深いとされる不動産会社社長から借りたビルを春場所(大阪)の宿舎に使っていた。部屋を興した20年前から続いているという。

この社長は2008年に、地上げに絡んで逮捕された。松ヶ根親方は、事件のことを知りながらも借り続け、社長については「実業家と思っていた」という。

しかし、少なくとも、社長が逮捕された時点で、ビルの使用を見合わせるべきだった。甘い危機管理が招いた不祥事である。

確かに、相撲部屋にとって、宿舎の確保は大きな問題だ。支援の申し出は、親方にとっては「渡りに船」だろうが、それが、暴力団関係者が近付いてくる手口であることも忘れてはならない。

暴力団は、角界との親密な関係を力の誇示に利用する。暴力団の触手は至る所に伸びているという感を強くするばかりである。

土俵近くの特別席である維持員席を巡っても、ゆゆしき問題が発覚した。維持員席に座っていた暴力団組長にチケットが渡る過程で、不祥事の調査を担当している特別調査委員会のメンバーの知人が関与していたというものだ。

調査委への信頼を損なう問題だけに、相撲協会がこのメンバーを解任したのは当然のことだ。

相撲協会の改革案を協議している「ガバナンス(統治能力)の整備に関する独立委員会」は、暴力団との交際には厳罰を下す規定などを盛り込んだ暴力団排除対策をまとめる方針だ。

規定も必要だが、大切なのは名古屋場所の騒動を教訓に、力士、親方が暴力団との関係を断つという意識を徹底することである。

産経新聞 2010年07月27日

名古屋場所閉幕 「再生」の道はいまだ遠い

野球賭博問題で揺れる大相撲の名古屋場所が終わった。横綱白鵬の活躍が話題になったが、肝心の「角界再生」の一歩が踏み出せたかとなると首を傾(かし)げざるを得ない。

3場所連続全勝優勝という快挙を果たし、連勝記録を歴代3位の47に伸ばしても、白鵬の表情は晴れなかった。天皇賜杯が渡されない異常事態に悔し涙を流した。

日本相撲協会の村山弘義理事長代行は、初日のあいさつで「この場所を再生に向けての改革の場所にしたい」と意欲を語った。しかし客足は伸びず「満員御礼」はわずかに4日、懸賞を出す企業の撤退なども相次いだ。

暴力団との癒着の根の深さを見せたのは、松ケ根親方(元大関若嶋津)が暴力団と関係する企業から20年にわたって春場所の宿舎を借りていた問題である。境川部屋も、暴力団関係者が役員を務める会社から名古屋場所中の宿舎を提供されていたとわかった。

賭博問題を調べる特別調査委員会の山口弘典元委員(日本プロスポーツ協会副会長)までが、暴力団関係者に流れた維持員席の譲渡にかかわった疑惑も判明した。

強引に名古屋場所を開催したことが、結果として混乱に拍車をかけたのではないだろうか。

場所が終わり、協会は改革に本腰を入れる。その方向性を検討する「ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会」は31日にも暴力団対策の第1弾を打ち出し、秋場所(9月12日初日)までには改革案を提示するという。

しかし、事態は差し迫っている。中でも「まわし組」と呼ばれる力士出身理事の危機感のなさが心配だ。村山氏の理事長代行は今場所限りで、後任は出羽海理事が務める予定だったが、山口元委員の問題を理事会に報告しなかった失態があり村山氏続投となった。

武蔵川理事長は体調を崩し、「まわし組」からは改革を牽引(けんいん)できる理事がいなくなっている。村山氏に続投を託した以上、たとえ自分たちに不利な改革案でも率先協力することが最低条件だ。

村山氏は「秋場所はしっかりした場所にして賜杯を渡せるようにしたい」と述べている。今回中止されたNHKの生中継復活も話題に上るだろう。しかし、すべては改革の進展次第である。秋場所までに、ウミをすべて出し切れるか。それが問われている。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/427/