教育予算調査 ダメ教師が増えては困る

読売新聞 2009年09月10日

OECD調査 教育費増は効果的な政策で

先進諸国に見劣りする教育予算を拡充していくことに、誰も異論はあるまい。教育政策に優先順位をつけ、着実に実施していくことが必要だ。

経済協力開発機構(OECD)が、加盟各国の教育関連データを公表した。

国と自治体を合わせた2006年の教育予算が国内総生産(GDP)に占める割合では、各国平均4・9%に対し、日本は3・3%と、下から2番目だった。

教育予算は、各国とも教員の人件費が多いが、対GDP比は、教育への取り組み姿勢を表す国際指標として評価されてきた。

注意が必要なのは、このデータは学校など教育機関への支出に限られている点だ。例えば、民主党が掲げる「子ども手当」も、幼児教育などのために確実に使われる保証がなければ、データには含まれないという。

民主党は政策集で、教育予算について、先進国の平均水準であるGDP比5%以上を目標に引き上げるとしている。

ただ、予算額は具体的な教育政策あってのものだ。数値目標だけを独り歩きさせてはならない。

昨年7月に策定された国の教育振興基本計画には、文部科学省が当初、10年間でGDP比5%まで増やすという数値目標を盛り込もうとした。

だが、その実現には7兆円余りが必要なうえ、文科省の示した内訳も粗雑な内容だったことから、見送られた。

OECDのデータには難点もあるが、重要な示唆もある。

日本は、教育支出のうち、家計を中心とする私費負担が重い。特に、幼児教育は6割近く、高等教育は7割近くを占めており、2、3割程度の加盟国平均に比べ、負担の重さが際立っている。

また、日本の高等教育予算は、GDP比では0・5%と、加盟国平均の半分にすぎない。

大学の授業料が高いのに、奨学金などを受けている学生の割合が低いことが、その一因だ。

民主党は、大学生などの希望者全員が受けられる奨学金制度の創設を打ち出している。

今年3月時点で、大学などの中退者のうち、経済的な理由によるものは15%余りを占める。経済的理由で、進学や学業の継続を断念することのないようにしていかねばならない。

同時に、日本が、科学技術立国として国際競争力をつけるためには、研究・開発費など予算の充実も欠かせない。

産経新聞 2009年09月10日

教育予算調査 ダメ教師が増えては困る

国や地方自治体の教育予算について、日本は国内総生産(GDP)比で3・3%にとどまり、経済協力開発機構(OECD)の加盟国の中で最低レベルだという調査結果が出た。

日本の教育予算のGDP比が低いとはいっても、別の調査で1人当たりの公的教育費支出をみると平均以上だ。日本の教育費はけっして少なくない。

今回の調査でGDP比が高い北欧などは「大きな政府」で、その分、国民負担率も高い。一方で教員の給与をみると、日本は米国などと比べはるかに厚遇されている。限られた予算で優れた教員を育てて支援し、数よりもまず教育の質向上につなげるような施策を優先すべきではないか。

民主党は政策集で加盟国平均にあたるGDP比5%以上に増やす目標を掲げており、教育予算は来年度予算編成の注目点だ。

教育予算の大部分は今も教職員の人件費だが、文部科学省は8月末にまとめた来年度予算概算要求で公立小中学校の教職員5500人増など今年度を大幅に上回る増員を盛り込んでいる。

民主党は、支持母体の日教組が教職員の増員を強く求めてきた経緯もあり、マニフェスト(政権公約)で教員の質と数を充実させるとしている。文科省の増員要求には追い風が吹いている形だ。

だが、いたずらに教師の数を増やすだけで、公教育の信頼回復が図れるとは思えない。

GDP比をめぐっては国の教育基本振興計画をつくる際にも「5%」の数値目標を盛り込むかどうかで論議を呼んだ。

文科省は、少人数学級や習熟度別授業などを進めるには教員の増員が必要とする施策を打ち出し、5%目標を基本計画に書き込もうとした。しかし、財務省が難色を示して見送られた経緯がある。

児童生徒数が減少する中で増員を続ける必要性も明確とはいえない。少子化にかかわらず、これまでも教員を増やしてきたが、ゆとり教育の中で逆に学力低下など批判が出ている。

教育現場では相変わらず評価や競争を嫌う傾向が強い。教員への査定昇給制度に反発し、日教組傘下の北海道教職員組合が違法ストを行い、教職員の3分の1が処分されるあきれた例も起きた。

教育投資の成果を適切に評価、検証し、教育の質を高める施策を進めねばならない。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/35/