川内2号機 再稼働より安全確保

朝日新聞 2015年10月15日

川内2号機 再稼働より安全確保

九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1号機に続いて2号機がきょう再稼働する。

災害が起きれば避難路の確保ができない地域を抱えながら、住民の避難訓練さえしていない。再稼働のお墨付きは、避難計画について検討する権限がない原子力規制委員会(規制委)の安全審査によっている。こうした形での再稼働は進めるべきではない。

川内川河口、原発に最も近い場所に約400人が暮らす滄浪(そうろう)地区は、複合災害が起きれば避難路がすべて断たれ、孤立する恐れが指摘されている。

市が避難路に指定しているのは、河口にかかる橋と川沿いの県道。だが、橋は地震で崩落する危険があり、県道も津波や高波で通れなくなると予想される。車が通れる残る1本は、斜面崩壊の危険がある林道だ。

地区から再三の要求があったものの、対策は取られないまま8月に1号機が再稼働した。

「地震などの自然災害に続いて原発事故が起きることはない」という想定は、福島第一原発事故で破綻(はたん)したはずだ。

住民の安全を確保するには、避難路を含めた避難計画の審査も再稼働の条件として位置づけることが当然ではないか。住民参加の訓練で計画の実効性を確かめ、必要があれば計画の修正を求める。住民の視点で点検する機能がほしい。規制委に加えてもよいだろうし、別機関が審査する仕組みを考えてもいい。

2号機については、古い蒸気発生器を取り換えずに再稼働に踏み切ることでも、住民の不安を招いている。

川内原発では、00年ごろから1号機の蒸気発生器で細管の腐食が相次ぎ、08年に交換した。2号機についても09年、九電自らが「さらなる信頼性向上の観点から」と、3機ある蒸気発生器すべての交換を発表。経済産業相の許可も得ていた。

原発事故後、新規制基準に基づく審査の対応に追われ、交換の延期を決定。今年5月、古い蒸気発生器で規制委の認可を受け、交換は先送りされた。

九電は「予防保全的に交換を考えていた。規制委の審査は現状のものでクリアしている」と説明する。しかし、「信頼性向上」のために必要だった措置を見送れば、信頼性は損なわれる。実際、住民からは「地震に耐えられるのか」などと不安の声が上がっている。

安倍首相は昨年「完全に安全を確認しない限り、原発は動かさない」と語った。だが、川内原発再稼働は、首相の言葉とはまるで異なる進め方である。

産経新聞 2015年10月18日

川内再稼働 効率審査で次につなげよ

九州電力の川内原発2号機(鹿児島県)が再稼働した。11月中旬にも本格的な営業運転に入る。8月の川内1号機に続く稼働再開で、九州など西日本地域の電力供給体制の改善につながる。

四国電力の伊方原発3号機(愛媛県)でも林幹雄経済産業相が近く地元を訪問し、運転再開に理解を求める。立地自治体の信頼に応えるため、電力会社はトラブル防止に全力を挙げてほしい。

問題なのは、原子力規制委員会による安全審査が大幅に遅れているため、審査に合格した原発は川内を含めて5基にとどまることだ。これでは安定的な電力供給は確立されず、値上がりした電気代の低下も期待できまい。

安倍晋三政権は規制委に効率的な審査を促すなど、再稼働の加速にもっと力を入れるべきだ。それが経済再生にも資することの説明も十分ではない。

川内2号機の再稼働は、平成23年9月に定期検査で運転を停止して以来、約4年ぶりとなる。川内1、2号機は昨年9月、全国の原発で初めて、規制委から新規制基準を満たすと認められていた。

地域住民に対する説明会や戸別訪問を通じ、地元自治体の理解を得てきた。先行した1号機に問題がなかったため、2号機も運転再開が認められた。これにより冬場における九電の電力不足は解消に向かうことになる。

当初、「半年程度」とされた安全審査は、どの原発でも大幅に遅れている。川内原発も2年以上かかっており、合格と認められた関西電力の高浜3、4号機(福井県)以降の原発再稼働の道筋はみえない。

規制委はこれまでの経験を踏まえ、審査を効率化する手法を研究すべきだ。規制委を支える原子力規制庁の要員不足も指摘されており、中途採用を含めた人材強化も不可欠である。

原発の再稼働が進まないため、老朽設備を含む火力発電がフル稼働している。この燃料費の上昇に伴い、電気代は震災前に比べ企業向けで4割近く値上がりしている。とくに価格転嫁が難しい中小・零細企業の負担は重い。

政府は、2030年時点の電源構成で原発比率を20~22%にすると閣議決定した。この達成には30基程度の原発の稼働が必要とされている。政府には原発を活用する責務がある。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/2317/