野球賭博 「盟主の責任」極めて重い

朝日新聞 2015年10月09日

野球賭博 モラルに緩みはないか

プロ野球界にまた、深刻な疑惑が浮かんでいる。

巨人の福田聡志投手(32)が野球賭博行為に関わっていたと球団が告発した。賭けに誘い込む人物と知り合ったのは、同じチームの笠原将生選手(24)を通じてだったという。

報告を受けた日本野球機構(NPB)は、ただちに調査に乗り出した。巨人は所属全選手と職員から聞き取りを始め、各球団も調査や注意喚起をするなど、波紋が広がっている。

10日からのクライマックスシリーズ、さらに日本シリーズを控えた時期でもある。ファンの失望は深く、信頼を失う事態となったことは実に残念だ。

賭博は野球協約に反するのみならず、違法行為である。とりわけ高校球児や多くの地域の人びとが夢を抱き、応援するプロ球界の関係者に、高いモラルが求められるのは当然だ。

疑惑をめぐり、まず求められるのは、徹底した事実解明である。ほかの選手は関わっていなかったか。さらに、八百長行為や、反社会的勢力とのつながりがなかったか、という点には特に厳しい調査が必要だろう。

巨人によると、福田投手はこの8月から9月上旬の間、全国高校野球選手権、プロ野球、米大リーグの試合を対象に賭けをしたとされる。

対象には巨人戦も3~4試合含まれていたという。当時、福田投手は1軍に登録されていなかったが、1軍の選手と接触したり、連絡をとったりすることはできたはずだ。巨人は調査に全面協力するのはもちろん、積極的に情報を開示すべきだ。

再発防止のためには、選手や職員の教育の見直しも考える必要があるだろう。

プロ野球入りが決まった選手は、12球団合同の新人研修が義務づけられる。しかし、その後は各球団に任され、教育対応に濃淡がある。年齢やキャリアの長さに関係なく、また球団職員らにも広げて、継続的に取り組むことを考えるべきだ。

1960年代末には、多くのプロ野球選手が暴力団と関わった野球賭博の「黒い霧事件」がおきた。その反省もあって、賭博や反社会的勢力とは一切関係を持たない自己管理が求められていたはずだが、それが緩んでいるならば重大な問題だ。

3年前、巨人の原辰徳監督が元暴力団関係者らにゆすられて1億円を支払ったと週刊誌が報じた際、当時の加藤コミッショナーは調査もしなかった。

今回こそは自浄能力を示せるのか。熊崎コミッショナーとNPBの姿勢も問われている。

産経新聞 2015年10月07日

野球賭博 「盟主の責任」極めて重い

プロ野球巨人の福田聡志投手が野球賭博に関与していたと球団が発表した。賭博の対象には巨人戦も含まれていた。

なんと愚かな行為だろう。球界はファンの信頼を大きく損なった。2020年東京五輪の準備で失態続きのスポーツ界全体へも悪影響は避けられない。危機感は球界、スポーツ界全体で共有すべきだが、とりわけ巨人の責任は大きい。

野球協約の177条は選手らに「所属球団が直接関与する試合の賭けをすること」などの不正行為があった場合、コミッショナーが永久失格処分とすることを定めている。福田投手も協約を熟知していたはずであり、愚行の責任を負うべきは当然である。

球界には、昭和44年に発覚した「黒い霧事件」で多くの中心選手を失った重く暗い記憶がある。この反省から暴力団排除運動に積極的に取り組み、賭博行為を遠ざけてきたはずだ。新国立競技場の建設費などに充てるためスポーツ振興くじ(toto)の対象をプロ野球に拡大する案にも、選手会を中心に強く反対してきた。

現役選手の賭博関与は、そうした努力をすべて無にする。

巨人の姿勢にも疑問がある。賭博関与の発表は、巨人がシーズンの日程を終えた翌日だった。しかも原辰徳監督がオーナーらに今季の報告を済ませ、クライマックスシリーズ(CS)の抱負を語った1時間後である。他球団は日程を残しており、セ・リーグはCS進出球団も決まっていない段階だ。自軍の都合を優先させた発表と勘ぐられても仕方あるまい。

巨人の選手に、反社会勢力や賭博常習者につけ込まれる素地はなかったか。例えば原監督は平成24年、自身のスキャンダルを隠すため、野球関係者を名乗る男性らの要求に従い現金1億円を渡していたことが明らかになった。

不当要求や恐喝に応じることは反社会勢力への利益供与につながるが、球団は監督が被害者であることを強調し、そのまま監督を続行させた。こうした対応が選手らに、不祥事への感度を鈍らせた可能性はなかったか。

再発防止には厳正な処分が欠かせない。野球賭博や八百長問題に揺れた大相撲は場所中止の荒療治を経て、今日の人気回復に結びつけた。巨人はこの問題をどう受け止めるか。球界の盟主らしい行動をみせてほしい。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/2306/