大塚家具 信頼回復で手腕をみせよ

読売新聞 2015年03月28日

大塚家具内紛 勝者なき不毛な親子げんか

創業者一族の不毛な対立は、会社の信用を落とすだけである。

大塚家具創業者の大塚勝久会長と、長女の久美子社長が、互いの解任を求めて争った株主総会は、久美子社長側の提案が6割の支持を得て、ひとまず決着した。

取締役を解任された勝久氏は、「株主の判断を真摯しんしに受け止める」とのコメントを発表したが、引き続き大塚家具の筆頭株主だ。内紛再燃の火種はくすぶっている。社員の結束を取り戻し、混乱に終止符を打てるだろうか。

大塚家具を巡る一連の騒動は、同族会社における事業承継に潜む落とし穴を象徴している。

勝久氏は、来店客を担当者が付き切りで案内し、高級家具を勧める販売手法で大塚家具をジャスダック上場会社に育て上げた。

ところが、社長を引き継いだ久美子氏は、ニトリやイケアなど新興の家具チェーンに対抗するため、来店客が気軽に立ち寄れる店作りに大きくかじを切った。

この方針転換に不満を持った勝久氏が主導し、2014年7月の取締役会で久美子氏を解任に追い込み、自ら社長を兼任したが、15年1月には逆に、多数派となった久美子氏が社長に返り咲いた。

株主総会では、大株主の金融機関や投資ファンドの多くが、幅広い消費者をターゲットとする久美子氏の戦略を支持したようだ。

そもそも、親から子へ経営をバトンタッチする際に、丁寧に意見をすり合わせておけば、対立は避けられたはずである。

世間の耳目を集めた骨肉の争いが、会社に残した傷は大きい。

総会では一般の株主から「親子げんかしている家具店で誰が買いたいと思うか」と批判の声が上がった。低下したブランドイメージの回復は容易ではあるまい。

営業方針が迷走したことで顧客離れが加速し、14年12月期の営業利益は赤字に転落した。

にもかかわらず、久美子氏が配当を従来の2倍、勝久氏は3倍に増やす提案をした。株主総会での支持拡大を狙ったのだろう。

無理な増配は企業価値を下げ、長期的にみて株主の利益にならない。増配を材料に株価が急騰するや、大株主の外資系ファンドが保有株を売り抜け、多額の利益を得た。結果的に、マネーゲームに手を貸したことになる。

大塚家具の社外取締役は、従来の2人から6人に増えた。傷ついたイメージと業績の回復に社外の声をどう生かしていくか。企業統治改革の実効性が問われよう。

産経新聞 2015年03月28日

大塚家具 信頼回復で手腕をみせよ

家具販売大手、大塚家具の内紛が株主総会で決着した。創業者の大塚勝久会長と経営路線で対立していた長女の久美子社長が続投し、勝久氏は取締役を退任した。

両者は互いに退陣を求める役員選任議案を提出し、激しい委任状争奪戦に発展していた。

企業統治(コーポレートガバナンス)の強化を訴えた久美子氏が、より多くの株主の支持を取り付けた。今後は社外取締役の増員などを通じて経営の透明性を高める必要がある。

実の親子が相手を非難し合う姿は、同社の企業価値を大きく損なった。本格的な顧客離れも懸念されている。その意味で争いに勝者はいない。久美子氏は顧客の信頼回復と業績立て直しで、自らの経営手腕をみせてほしい。

経営幹部を巻き込んだ父娘の経営権争いが注目されたが、問題は上場会社としてのガバナンスのあり方だ。同社は創業者一族が大量の株式を持ち、役員陣の多くにも関係者が名前を連ねる。

同族企業とはいえ、株式公開した以上は個人商店の意識を払拭し、上場会社にふさわしい経営体制を構築する責務がある。

久美子氏が率いる会社側の議案が全体の6割の支持を得て可決したのも、機関投資家などの株主が企業統治の強化を重視したためだ。今後は実効性のある取締役会の改革が不可欠である。

一連の騒動は、日本企業における事業承継の課題も浮き彫りにした。高度成長期に誕生した多くの企業はいま、代替わりの時期を迎えている。経済産業省も円滑な事業承継を後押ししている。

創業者の親は子供に対し、会社だけでなく、経営に対する取り組みを通じて自分の人生も継承するよう求める場合があるという。それでは後継者の反発を招くこともあるだろう。何よりも対話を通じた意思疎通を重視したい。

株主総会で敗れたとはいえ、大塚家具は勝久氏が筆頭株主であることに変わりはない。勝久氏は総会前、「何度でも社長復帰を目指す」としていたが、混乱が続くような事態は避けるべきだ。

家具職人として立ち上げた会社を一代で業界大手に育て上げ、家具の流通形態を変革した勝久氏の経営手腕は業界でも高く評価されている。本人もこれ以上、騒動で企業価値を毀損(きそん)することは望んではいないはずだ。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/2147/