裁判員判決の破棄 制度の趣旨揺るがないか

読売新聞 2014年07月28日

裁判員判決破棄 量刑の公平性重視した最高裁

被告の刑を決めるにあたり、過去の裁判例をきちんと考慮すべきだという最高裁の姿勢を明確に示した判決である。

最高裁が、1歳8か月の娘を虐待死させたとして、傷害致死罪に問われた両親の刑を大幅に軽減した。

検察側求刑の1・5倍の懲役15年を言い渡した裁判員裁判の1審と、それを支持した2審の判決を破棄し、父親を懲役10年、直接的には暴力を振るわなかった母親は懲役8年とした。

懲役15年の刑は、著しく均衡を欠き、重すぎるとの判断だ。

量刑不当を理由に、最高裁が裁判員裁判の結論を見直すのは初めてである。判決は、「裁判員裁判といえども、他の裁判の結果との公平性を保たなければならない」と指摘した。

同種事件の判決で、刑の重さが極端に異なれば、国民の司法に対する信頼が揺らぎかねない。最高裁が最終審としてのチェック機能を果たす立場から、量刑の公平性を重視したのは理解できる。

1審・大阪地裁の裁判員裁判は、両親の常習的な虐待が事件の背景にあったと認定し、大きな社会問題となっている児童虐待には、今まで以上に厳しい刑で臨むべきだと結論づけた。

これに対し、最高裁は「従来の傾向から踏み出す重い刑を科す場合、説得力のある根拠を示す必要がある」と強調した。1審判決では、根拠についての言及が不十分だったということだ。

最高裁は今回、蓄積された量刑データを目安として、裁判官と裁判員が被告の刑を検討するよう求めた。今後の裁判員裁判に大きな影響を与えるだろう。

ただ、裁判員制度の趣旨は、法律の専門家だけが担ってきた刑事裁判に、国民の視点や社会常識を反映させることにある。

先例ばかりにとらわれて、刑を決めていては、制度導入の意義が失われかねない。

そもそも、裁判員制度の導入で、量刑にある程度の幅が出ることは、想定されていた。

実際、性犯罪事件に関しては、裁判官裁判の時代と比較して、全般的に重い刑が言い渡される傾向が見られる。卑劣な犯罪を憎む市民感覚の表れと言える。

重要なのは、刑の公平性を維持しつつ、市民感覚を判決に生かしていくことである。

裁判官には、直感や情に偏った判断を排すことの大切さを裁判員に丁寧に説明し、適切な結論を探る努力が求められる。

産経新聞 2014年07月26日

裁判員判決の破棄 制度の趣旨揺るがないか

最高裁が裁判員裁判による「求刑超え」判決を破棄した。白木勇裁判長は補足意見で「量刑は直感で決めればよいのではなく」「同種事犯の量刑傾向を考慮することの重要性は裁判員裁判でも変わらない」と述べた。

だが先例重視の傾向が行き過ぎれば、「国民の視点」を尊重するという裁判員制度本来の趣旨を揺るがすことにならないか。実際に裁判員との評議に加わる、1審裁判官の過剰反応を危惧する。

大阪府寝屋川市の1歳女児に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死罪に問われた両親に対し、1審判決は「悪質で、殺人罪と傷害致死罪の境界に近い。児童虐待問題を重視する社会情勢も考慮し厳しい罰を科すべきだ」として、両被告に求刑の1・5倍となる懲役15年を言い渡した。

公判で被告の言い分も聞き、犯行の詳細を検討した法定刑内の結論である。2審も支持した。

しかし最高裁は「裁判員裁判といえども他裁判の結果との公平性が保持された適正なものでなければならない」との判断を示し、1、2審判決を破棄して父親に懲役10年、母親に同8年を言い渡した。裁判員裁判の結論を最高裁が直接見直したのは初めてだ。

評議の際などに利用される量刑検索システムでは、類似事件の量刑を一目瞭然で調べることができる。子供が被害者の傷害致死事件で最も多いのは懲役6年で、ほぼ懲役3~10年の幅に収まるのだという。ただデータベースが量刑を決めるなら評議はいらない。

白木裁判長の補足意見は「量刑傾向に拘束力はない」としながら一方で裁判員裁判に臨む裁判官には「おおまかな量刑の傾向を紹介し全体の共通認識とした上で評議を進めるべきだ」と求めた。

1審裁判官に結論を量刑相場内に導くよう求めたものと誤解を与え、裁判員の自由な意見表明を阻害しかねない。

裁判員制度開始から5年が過ぎた。今年5月末までに、検察官の求刑より重い「求刑超え」判決は49被告に言い渡された。

このうち5被告は高裁で判決が破棄され、今回初めて最高裁で見直されたが、それだけ国民が従来司法の量刑判断に不満を持っていたことも意味する。国民の司法参加により、その日常感覚や常識を判決に反映させるという、本来の目的を忘れてはならない。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1897/