09回顧・日本 越年となる政権迷走と不況

読売新聞 2009年12月27日

09回顧・日本 越年となる政権迷走と不況

年末恒例の、読者が選んだ本紙の「日本10大ニュース」の1位は「衆院選で民主308議席の圧勝、歴史的政権交代で鳩山内閣発足」だった。

新政権は連日、様々な話題をお茶の間に提供した。だが、変革を旗印に政権が発足して3か月余、当初の期待感も薄れ、連立内閣への危うさや不安を感じ始めた国民も多いのではないか。

◆政治ドラマに高い関心◆

民主党が政権公約として掲げた子ども手当、暫定税率廃止、高校無償化などの行方に関心が集中した。年の瀬も押し迫り、同党の小沢幹事長が公約の大幅修正を政府に求めるなど、ドラマを見るような展開をたどった。

予算の無駄を見直す行政刷新会議の事業仕分けは、華々しさに比して削減額は少なかった。米軍普天間飛行場移設問題では、鳩山首相が結論を先送りし、日米関係は危機的な状況に陥っている。

政治資金収支報告書の虚偽記入事件で鳩山首相の元秘書2人がそれぞれ在宅起訴、略式起訴され、小沢氏の秘書の公判も始まった。「政治とカネ」をめぐる問題が再燃した年でもあった。

7位には「高速道『上限1000円』スタート」が入った。車を運転する人などには、それだけ関心事なのだろう。

前の麻生内閣の施策だが、新政権はさらに進めて無料化を打ち出した。地方の公共交通の足が奪われると懸念されている。

「天皇陛下即位20年」が6位である。「国民と苦楽を共にする」という考えを貫かれ、「象徴として望ましい天皇の在り方」を求め続けられた20年だった。

天皇、皇后両陛下のご成婚50年の年でもあり、即位20年と併せて様々な祝賀行事が行われた。

そんな中で、鳩山内閣が、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を特別に設定したことの是非が論議を呼んだ。

2位に入ったのは「日本でも新型インフルエンザ流行」だ。春にメキシコから火の手が上がった感染拡大の波は日本にも押し寄せ、いまも沈静化していない。マスク姿が目立つのも社会現象だ。

◆国民が決める刑の重さ◆

続いて3位には、「『裁判員制度』スタート」が入った。国民が刑事裁判に参加し、裁判官とともに、有罪か無罪か、さらに有罪の場合の刑の重さを決定する。

「参加したくない」という声もある中で始まった。課題が浮かび上がれば、柔軟に運用方法を見直していく必要があるだろう。

検察・警察は、裁判員裁判で被告の自白が強制されたものでないことを立証するため、取り調べの一部録音・録画を始めたが、全面可視化を求める声も多い。

それというのも、10位に入った「『足利事件』の菅家さん釈放 DNA鑑定に誤り」など、冤罪(えんざい)事件が絶えないからだ。

足利事件では、最新技術を使ったDNAの再鑑定で、精度が低かった捜査段階での鑑定が否定される結果となった。今月に入り、茨城県で42年前に起きた布川事件の再審開始も決まった。

検察・警察は、これら事件の問題点を検証するとともに、適正捜査を徹底しなければならない。

5位は「酒井法子容疑者、覚せい剤所持で逮捕」だった。人気女優の逮捕は、テレビのワイドショーなどの格好の題材となった。芸能界の薬物汚染、若者の大麻汚染などが懸念されている。

1年を通して「不況」の文字が社会を覆った。経済関連は「トヨタが71年ぶり営業赤字 自動車、電機など大手赤字相次ぐ」が16位、「『円』急騰、約14年ぶり1ドル=84円台」が19位、「失業率5・7%、求人倍率0・42倍 過去最悪を更新」が20位だ。

就職先が決まらない来春卒業予定の高校生や大学生も多い。「就職氷河期」の再来である。

「デフレ危機」や「ボーナスカット」の言葉も飛び交い、「二番底」の到来が心配されている。産業界などには、政府の成長戦略のなさに対する批判も強い。

◆感動を与え続けた野球◆

上位10位までに野球関連が3本も入った。4位に「日本がWBC連覇」、8位に「イチロー選手が大リーグ史上初の9年連続200安打」、そして「巨人が7年ぶり21度目日本一」が9位だ。

「ヤンキース松井選手、日本人初のWシリーズMVP」も14位に入っている。野球が国民的スポーツであることの証しでもある。

暮らしの先が見えない時代にあって、WBCの「侍ジャパン」の活躍などから勇気や感動をもらった人も多かったことだろう。

問題は新政権である。再ブームとなっている司馬遼太郎の「坂の上の雲」ではないが、この国と国民に、坂の上の雲を目指すような活力を(よみがえ)らせることこそ、来年の課題ではないか。

産経新聞 2009年12月30日

回顧2009 「古きもの」軽んじるな 「新」の好印象にひそむ錯誤

日本漢字能力検定協会が公募して選んだ「今年の漢字」は「新」だった。なかには新型インフルエンザの流行のように歓迎できない「新」もあったが、イチロー選手の大リーグ新記録や、当初の予想に反して順調な滑り出しを見せた新しい司法制度など、好感をもって受け止められた「新」が多かったように思われる。

そして何といっても今年の「新」の主役は、8月の衆院選で誕生した新政権だろう。こちらももちろん、国民の大きな期待を背負っての「新」だったはずである。民主党が308もの議席を獲得して圧勝したことや、発足当初の7割以上に上る内閣支持率を見ても、国民がいかに「新」を望んでいたかがうかがえる。

◆熱くなる国民性の影

鳩山連立内閣はそこで、マニフェストにうたった新政策を次々実行していくことになる。ところが実は、その政策の「新しさ」にこそ錯誤が潜んでいたことを、国民は今ようやく知らされたのではあるまいか。ここにきての支持率の急降下が、国民の強い失望感を反映しているといっていいだろう。

私たちはものごとをつい、大小、強弱などの対立的な概念で二分して考えがちである。「新旧」でとらえるケースも多い。その際、「新」にはプラスイメージをもち、「旧」は「古臭くて悪いもの」と決めつけてしまう心理が働くようだ。

それゆえか、日本人は総じて「新しもの好き」といわれ、「新」に熱くなる国民性がこれまで外国の文化や技術を受容する原動力となってきた。が、その熱情は一方で、伝統文化や道徳などの「古いもの」を軽んじることにつながったのも事実だろう。

「新」の字は「あたらしい」と訓じるが、古くは「あらたし」だった。「あらたし」から「あたらし」へ変化するのに伴って、ある一つの言葉が消滅したといわれる。「惜しい」を意味する「あたらし(可惜し)」がそれで、今では「あたら(惜しくも)若い命を…」などの副詞的用法にのみ、昔の名残をとどめている。

言葉の歴史に寄せて論じるなら、新政権は「旧政権時代のもの」を破棄し、何もかも「新しく」しようとしたばかりに、あたら大切なものを失ってしまった。「新=善、旧=悪」とする呪縛(じゅばく)があったのではなかろうか。

八ツ場(やんば)ダム建設問題では新政策の実行を急ぐあまり、「古い」経緯がなおざりにされた。審議も説明も尽くさぬ強引な政治手法が国民の批判を浴びたのだった。

「新」に潜在する錯誤が最も顕著に表れたのは、普天間飛行場の移設問題である。政府は先の日米合意を白紙に戻したうえ、方針を二転三転させ、あげくには結論を先送りした。それによって、あたら米国の信頼と日米同盟の絆(きずな)を失ったばかりか、米国の核の傘で守られているわが国の安全までも脅かされる懸念が生じた。

自衛艦によるインド洋での給油活動も、政府は来月15日での打ち切りを決めた。これまでの自民党政権が勝ち得た国際的評価さえも、「古いもの」として排するつもりなのだろうか。

◆「調和」の道を探れ

中国副主席との「天皇の会見」問題では、民主党の小沢一郎幹事長が、会見の「1カ月ルール」を批判した。陛下のご健康などに配慮したルールへの反発で、ここにもやはり「既存のもの=悪」を信奉する党の体質が色濃くのぞいているといえよう。

子ども手当やガソリンの暫定税率にしても、新政権は「目新しさ」を打ち出そうとしたものの、結局は財源難という現実の前で行き詰まった。「新味」を打ち出すことは確かに「新しもの好き」の国民の歓心を買いやすいが、現実に立脚しない「新」は単なる空論でしかない。

発足から100日余を経た政権は、いったいどの方向に進もうとしているのか。新と旧、与党と野党、政と官などを対立項としてとらえるだけの現在の姿勢では、さらに混迷は深まるだろう。

古くても善(よ)いものは踏襲する「調和」の道を探ることも必要ではあるまいか。いま一度、論語にある「温故知新」の教えに学ぶべきである。

先日の小紙「テーマ川柳」欄には、こんな投稿句が載っていた。「国民の仕分けにたえ得る『政(まつりごと)』」。年が明ければ今度は、日本の政治を国民が“仕分け”する番となるだろう。鳩山由紀夫首相、覚悟はよいか!

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/165/