日韓外相会談 関係修復の一歩にしたい

読売新聞 2013年07月02日

日韓外相会談 関係再構築へ双方が歩み寄れ

東アジア情勢が不安定化する中、日韓協力は一段と重要になっている。両国関係の正常化へ、双方が歩み寄るべきだ。

岸田外相と韓国の尹炳世外交相がブルネイで会談し、「未来志向の日韓関係」を安定的に発展させる方針で一致した。

日韓外相会談の開催は約9か月ぶりだ。2月の朴政権発足後、隣国間で首脳・外相会談が一度もなかったのは異常な事態だった。

北朝鮮の核・ミサイル問題や中国の軍事、経済両面での台頭など、日韓が連携して対処すべき課題は多い。自由貿易協定(FTA)交渉中断の長期化など、経済分野の停滞も看過できない。

米国が日韓関係の改善を側面支援するのも、両国の関係悪化は東アジアの平和と繁栄の障害だとの問題意識があるためだろう。

中国は、尖閣諸島の領土問題の存在を認めることを日中首脳会談の条件にしているとされる。今回も外相会談は見送られた。日中高官が会談できない状態が長く続く事態も想定すれば、日韓関係を再構築する必要性は一段と高い。

日韓間には、竹島、いわゆる従軍慰安婦問題など領土や歴史認識をめぐる対立がある。尹外相は、歴史認識の重要性を強調し、「歴史問題を細心に扱えない場合、民族の魂を傷つける」と述べた。

だが、両国が意見の相違を最小限に抑えつつ、北朝鮮問題などで実質的に協力することこそが、外交本来の役割のはずである。

そもそも現在の日韓関係の悪化は、昨年夏の李明博前大統領の竹島訪問と天皇陛下「謝罪」要求発言が発端となっている。

韓国は、米中両国との首脳会談などで日本との歴史認識の問題を持ち出すのは自制する。日本も、閣僚の靖国神社参拝で一定の配慮を行う。双方が、対立する分野でも粘り強く対話と努力を重ね、接点を探ることが欠かせない。

今回の日韓外相会談を足がかりに、今年後半には、首脳会談が実現するよう調整を急ぎたい。

日韓外相会談に先立つ日米韓外相会談では、北朝鮮の核保有を容認せず、非核化への「具体的な行動」を求める方針を確認した。

北朝鮮は最近、関係国との対話に前向きの姿勢を示している。しかし、肝心なのは、6か国協議などの対話の再開ではなく、核放棄を具体化することである。

非核化に向けて実質的な行動を取るよう、中国を通じて北朝鮮に圧力をかけ続けるためにも、日米韓が協議を重ね、現在の結束を維持しなければならない。

産経新聞 2013年07月02日

日韓外相会談 関係修復の一歩にしたい

日韓外相会談がようやく実現した。第2次安倍晋三政権と朴槿恵(パククネ)政権発足後、初めてだ。

日韓関係は、昨年8月の李明博(イミョンバク)大統領(当時)の竹島(島根県隠岐の島町)上陸や歴史認識をめぐる問題で、冷え込んだままだ。関係修復に向けた契機としたい。

岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相との会談は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の会合が開催中のブルネイで約30分間行われ、会談後、岸田外相は「未来志向の関係を築くスタートとなった」と評価した。

ただ、会談で尹外相は「歴史問題は細心に取り扱われないと、民族の魂を傷つける」と述べた。国内世論を配慮し、日本に厳しくならざるを得ないのだろう。日韓関係の修復は一朝一夕では成らないとしても、「基本的価値観を共有する重要な隣国同士」(岸田外相)として地道な努力の積み重ねが求められる。

本格的な関係修復には、両国首脳同士の信頼関係の構築が欠かせない。日本側は朴政権が正式に発足する前から、首相特使派遣などで首脳会談の早期開催を促してきた。韓国も実現するよう前向きに努力してほしい。

会談に先立ち、ケリー米国務長官を交えた日米韓3カ国外相会談も行われた。北の核・ミサイル開発を阻止するには日米韓の連携が何より重要だ。日韓がぎくしゃくしていてはそれも機能しない。

前回、日韓外相会談が行われたのは互いに前政権下の昨年9月だった。その後、北が12月に長距離弾道ミサイルを発射し、今年2月には3度目の核実験を強行した。日米韓への恫喝(どうかつ)も繰り返した。

尹外相は今年4月の来日を検討していたが、麻生太郎副総理ら閣僚が靖国神社を参拝したことに韓国側で反発が出て見送った。北をめぐり緊張が極度に高まっているときに、日韓が意思疎通を図れない状況は危うい。

先ごろ、中国を訪問した朴大統領は、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を暗殺した朝鮮半島出身の抗日運動家、安重根について「両国民が尊敬する人物」とし、中国国内での記念碑設置に協力を要請するなど、歴史認識への言及が目立った。

親日を嫌う国内世論への配慮もあるのだろうが、課題を共有する隣国の指導者として関係修復への現実的な対応をみせてほしい。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1454/