日露首脳会談 かけ声倒れは許されない

読売新聞 2013年05月01日

日露首脳会談 領土交渉に「魔法の杖」はない

北方領土問題を解決して日露関係を前に進めようという双方の意志が確認された。首脳外交で打開を探る必要がある。

安倍首相がモスクワでプーチン露大統領と会談した。

戦後67年たってなお日露平和条約が締結されていないのは「異常」との認識で一致した。懸案の北方領土問題については、「双方に受け入れ可能な解決策」への交渉を加速化することで合意した。

暗礁に乗り上げていた平和条約交渉の再開は歓迎したい。

両首脳が発表した共同声明は過去の「諸文書及び諸合意」に基づき交渉すると明記した。北方4島の帰属問題を解決して平和条約を締結するとした2001年のイルクーツク声明などが含まれる。

長年にわたる交渉の経緯を尊重して、仕切り直すのは当然だ。

だが、日露間の隔たりは大きい。大統領は、1956年の日ソ共同宣言に明記された歯舞、色丹両島の引き渡しで決着を図る意向とされる。日本とすれば、2島返還だけでは到底受け入れられない。

首相は共同記者会見で、「一気に解決する魔法の(つえ)はない」と語った。その通りだ。今、領土問題は容易に動く状況にはない。

昨年6月、野田前首相もプーチン大統領と会談し、交渉の「再活性化」で一致しながら、何ら進展はなかった。それどころか、ロシアは北方領土に開発予算を投じ、「ロシア化」を進めている。

困難さを増す領土問題を解決に導くには、高度な政治決断と国内をまとめる政治力が必要だ。そのために、首脳間の信頼関係の構築が欠かせない。安倍首相には、具体的な成果を求めたい。

首相にとっては、政権基盤を固め、日本経済を再生させることが交渉力の強化につながろう。

大統領の関心がアジアに向いていることは、日本にプラスに働く。ロシアは、東シベリア・極東地域の開発で日本の投資に期待している。天然ガスなど資源の供給先としてだけでなく、医療や農業分野での技術力に関心が高い。

首相も今回、大勢の企業経営者らを同行させ、ロシア側の要請に応える姿勢を示した。

両首脳は、外務・防衛閣僚会議(2プラス2)創設で合意した。中国を牽制(けんせい)するうえでも、北朝鮮の核開発問題に向き合うにも、日露は共通の利害を有している。

日露関係の幅を広げ、強化する中で領土問題解決の糸口をどう見いだすか。早速、次官級で交渉を始めるという。焦らず、じっくり腰を据えて戦略を練るべきだ。

産経新聞 2013年04月30日

日露首脳会談 かけ声倒れは許されない

安倍晋三首相とプーチン露大統領は、モスクワでの首脳会談で、北方領土問題解決のための交渉を加速させることで合意した。

安倍首相は共同記者会見で、「腰を据えて交渉に当たっていきたい。首脳の決断なしに解決しない」と述べた。プーチン氏も「私たちが問題を解決する」と前向きの姿勢を見せた。交渉を両首脳が主導する意向を示したことは評価できる。

しかし、プーチン氏は従来、歯舞、色丹の2島を平和条約締結後に引き渡すと定めた日ソ共同宣言(1956年)での解決を主張してきた。この日も「ロシアの立場はよく知られている」と述べ、譲歩の姿勢を見せなかった。

北方領土問題は先の終戦時の混乱に乗じてソ連が不法占拠したのが発端だ。プーチン氏は今度こそ解決のため自発的に動くべきだ。首相は交渉が停滞したら直ちに注意を促すよう信頼関係を大統領との間で強めてもらいたい。

首相の公式訪露は10年ぶりで、官邸の主導で組織された大規模な経済ミッションが現地に赴いた。経済を含めた日露関係進展の裏側に「中国の脅威」という共通の関心事があることは明らかだ。ロシアに日本の存在感を示し、中国から引き離す上では有用だろう。

しかし、北方領土問題の解決に直結すると考えるのは早計だ。安倍首相は、ロシアが経済協力だけを積み上げて領土問題を棚上げにする最悪の事態を許さぬため、交渉の推移をつぶさに見て、臆せず注文をつける必要がある。

会談では、外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)の立ち上げでも合意した。しかし、ロシアが安全保障面で関係を強化したいのなら、ロシア軍機による領空侵犯や北方領土での軍備強化など敵対的行為をやめるのが先決だ。

日本にとっては米豪に続く3カ国目だが非同盟国とは初めてで、まずは有事の際を想定した信頼醸成の場ととらえ、情報交換などに細心の注意を払うべきだ。

プーチン氏が10年前、小泉純一郎首相(当時)と署名した「日露行動計画」は平和条約締結交渉について、「相互に受け入れ可能な解決」を模索するとした。この文言は29日の共同声明の表現とほとんど変わらない。日本政府はこの「失われた10年」を忘れず、領土問題の前進のため真剣にロシアと対峙(たいじ)してほしい。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1393/