海江田民主代表 まず責任共有の体制を

朝日新聞 2012年12月26日

民主党新代表 党再生の覚悟を示せ

きのうの民主党代表選で、海江田万里元経済産業相が新代表に選ばれた。

幹事長には、来夏の参院選の「顔」に期待されている細野豪志政調会長を起用する。

総選挙で民主党は、議席の4分の3を失う歴史的な惨敗を喫した。海江田―細野体制に、文字どおり存亡の危機にある党再生をかける。

それにしても、ふがいない代表選びだった。細野氏ら「本命」とみられた有力者はあえて火中の栗を拾おうとせず、消去法的に海江田氏が選ばれたといっていいだろう。

海江田氏は昨年、菅内閣で経産相をつとめた。原発再稼働をめぐって首相と対立し、国会で涙をみせた記憶は新しい。昨夏の代表選に小沢一郎元代表に推されて立候補したが、「小沢傀儡(かいらい)」批判を浴びて敗れた。

そんなひ弱なイメージを跳ね返し、困難な党の立て直しに指導力を発揮することを望む。

海江田氏が取り組むべき課題は二つある。

第一に、「寄り合い所帯」といわれる党の体質を根本から改めることだ。

この3年の民主党は、政権与党というのに消費増税などをめぐって内紛と分裂を繰り返してきた。

党内で徹底的に議論し、決まったらこれに従う。こんな政党政治のイロハをまず確立することである。

総選挙では地力の弱さもあらわになった。「風」頼みでなく、地域や市民団体に根を張って民意をくみ取る組織づくりも急がねばならない。

第二に、党の理念を明確に打ち立てることだ。

国会では、自民党や日本維新の会をはじめ、憲法改正などを掲げる保守色の強い政党が勢力を増した。「中道」や「リベラル」を掲げる議員が多い民主党は、それへの対抗軸として欠かせない存在である。そのことを自覚すべきだ。

同時に参院選に向け、政策を練り直すことである。

今回の総選挙マニフェストで「将来世代の声なき声に耳を傾ける」とうたった。必要なら現役世代に厳しい選択もする決意と受けとめたい。早急に肉付けを急ぐべきだろう。

海江田執行部の試金石は、来年の通常国会だ。経済や原発、近隣外交などをめぐって、自公政権に是々非々で対応し、その理由を国民にわかりやすく説明する。

こうした地道な活動で再生の姿を見せることが出来なければ、今度こそ存在意義を失う。

毎日新聞 2012年12月26日

海江田民主代表 まず責任共有の体制を

再起への決意がこれで伝わるだろうか。衆院選惨敗による野田佳彦代表の引責辞任に伴う民主党代表選が行われ、党内融和を掲げた海江田万里元経済産業相(63)が党再建の重責を担うことになった。

民主党が政権運営に失敗した大きな要因は党首を支える責任を共有せず、足を引き合う統治不在の体質にある。政策決定の手続きを透明化し、決まった方針に従うことが最低限の一歩だ。そのうえで、自民党や第三極に対抗し得る対立軸の構築を急がねばならない。

熱気の感じられない党首選びだったのは、壊滅的敗北の直後というだけではあるまい。

海江田氏と馬淵澄夫元国土交通相(52)の一騎打ちは率直に言って魅力や重量感を欠いた。次期参院選で2大政党の資格を問われる危機を前に岡田克也副総理、細野豪志政調会長、前原誠司国家戦略担当相らはなぜ、手を挙げなかったのか。野党党首として「貧乏くじ」を引きたくない思惑や「反野田票」の標的となりたくないとの計算を感じてしまう。

結局、本命不在の中で「反野田、反岡田」系の受け皿となった海江田氏がかじ取り役になった。だが、前途には多くの不安がつきまとう。

第一は党内基盤の脆弱(ぜいじゃく)さだ。前々回代表選で小沢一郎氏の勢力に推されながら敗北した同氏に勝利をもたらしたのは衆院議員が激減し、参院が多数派となった構造の変化である。しかも旧社会、旧民社党など労組と近い勢力にも支えられる。強力な党改革をけん引できるか。

とりわけ、幹事長として大敗の責任者だった輿石東氏の「院政」などが指摘されるようなことになっては失望感を広げよう。参院選に向け野党間の協力は無視できない。ただ、小沢氏との関係をめぐり党の内紛を再燃させる愚は避けねばならない。

同時に課題となるのが09年の政権交代以来、あいまいになっている党の理念の構築である。海江田氏は演説で格差是正を強調した。参院選までの党綱領の策定はある意味で公約作り以上に重要である。

「安倍自民」や第三極勢に対抗するため、いわゆるリベラル色を強調するのはひとつの選択だろう。だが、財源問題でマニフェストが破綻し消費増税に踏み切らざるを得なかった反省を忘れてはならない。とりわけ、自公民3党合意の堅持は政党としての責任である。

26日の安倍内閣発足で3年3カ月余続いた民主党政権にピリオドが打たれる。まずは自らが選んだ党首をまじめに支えるところから始めるべきだ。参院選後にまた党首をすげ替えればいい、というような安易な発想があるとすれば論外である。

読売新聞 2012年12月26日

海江田民主代表 抵抗だけの野党には戻るな

民主党代表選で、海江田万里元経済産業相が馬淵澄夫元国土交通相との一騎打ちを制した。

新代表として、衆院選で惨敗した党を立て直す重責を担う。

反対するだけの野党に戻ってはなるまい。政権を担当した経験を踏まえ、国益に資する政策については、自民、公明両党に協力する姿勢が求められる。

海江田氏は、代表選で党所属議員の6割超の票を獲得した。輿石幹事長や細野政調会長の支援を受け、支持が広がった。

日本経済の再生を最重要課題に掲げる自民党の安倍総裁に対抗する上で、経済政策通の海江田氏の手腕が期待されたのだろう。

民主党内の主流派だった野田首相や前原国家戦略相のグループへの反発も、海江田氏には有利に働いた。昨夏の代表選で海江田氏は、野田氏に対抗し、小沢一郎元代表らの支援を受けたからだ。

その際、民主党の政権公約(マニフェスト)見直しに関する自公両党との合意を巡り、海江田氏は安易に立場を変えるなど、政策のブレが目立ち、リーダーとしての資質に疑問を持たれた。

菅内閣の経産相当時には、野党の国会質問に対して答えに窮し、涙を見せたこともある。

こうした負のイメージを払拭するため、強い指導力を発揮できるかどうかが問われる。

当面の国会対応では、民主党政権が自公両党と合意した社会保障と税の一体改革を着実に実行に移していくことが肝要だ。

懸念されるのは、代表選で海江田氏の推薦人に、消費増税反対派の原口一博元総務相らが名を連ねたことだ。衆院議員が激減したことで労組系議員が多い参院議員の発言力が増し、「党の労組依存体質が強まる」との見方もある。

来年夏の参院選に向けて、海江田氏は記者会見で、他の野党との選挙協力が必要だと語った。

新幹事長には「選挙の顔」となる細野氏を起用するほか、挙党態勢を築くため、幅広い人材を執行部入りさせる意向だ。党の結束を重視することは理解できるが、これまでのように政策や意思の決定が遅くなる可能性がある。

衆院選と3年3か月に及んだ民主党政権を徹底的に総括することが欠かせない。

自公新政権への対案を積極的に提示するとともに、憲法や安全保障などの基本政策で党内論議を深めるべきだ。党執行部が決めた方針に議員が従う政党文化を育てる必要もあろう。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1268/