惨敗民主党 「責任野党」の姿見せよ

朝日新聞 2012年12月18日

惨敗民主党 「責任野党」の姿見せよ

政権を担うということが、いかに難しく、厳しいものか。

総選挙で衝撃的な惨敗を喫した民主党は、そのことを身をもって学んだに違いない。

衆院に小選挙区比例代表並立制が導入されて18年。6度目の総選挙の結果は、想定されていた二大政党制の姿とはほど遠い「自民党一人勝ち」の様相となった。

それでも、野党第1党にふみとどまった民主党の役割はいぜん大きい。

包括的な政策の体系と全国規模の組織をもち、政権がつまずけばいつでも交代する用意がある。そんな野党の存在が、民主主義には欠かせないからだ。

落胆している暇はない。この3年間の教訓をふまえ、民主党はみずからの政策と組織を根本から鍛え直してほしい。

振り返れば、あまりにも未熟だった。

ことあるごとに党内で内紛が起き、分裂を繰り返す。「ムダの排除などで16.8兆円の新規財源を生み出す」などといった無責任なマニフェストがまかり通る。

今回の惨敗は、そうした民主党政権に対する民意の「懲罰」の意味合いが濃い。

一方で、将来世代への責任を果たそうとしたことが、少なくとも二つあった。

消費増税をふくむ社会保障と税の一体改革と、「2030年代の原発ゼロ」である。

09年総選挙で、民主党は「増税の前にやるべきことがある」として消費増税を否定した。

それは、将来世代にツケを回すことにほかならない。それに気付いたからこその増税への転換だったのではないか。

注目したいのは、今回の総選挙のマニフェストに「将来世代の声なき声に耳を傾ける」という理念を新たに掲げたことだ。

来夏の参院選に向け、党をあげてこの理念を具体的な政策の体系にまとめてはどうか。

所属議員は激減した。だがその分、一体感のある議論がしやすくなったとも言える。

有権者の耳に痛い政策を、いかに説得力をもって打ち出すか。政権を担った経験をそこに生かしてほしい。

もう一つ、求めたいのは建設的な「責任野党」の姿を今度こそ見せることだ。

政権が行き過ぎるようなことがあれば、ブレーキ役を果たすのは当然のことだ。同時に、協力すべきは協力する。

やられたらやり返す。そんな不毛な政治の混迷を乗り越えることは、民主党が政権に復帰したときに必ず生きる。

読売新聞 2012年12月20日

惨敗民主党 真摯な総括なしに再生はない

果たして解党的出直しは可能なのか。党再生への道のりは険しい。

民主党は、22日に予定していた野田首相の後任を選ぶ党代表選を延期することを決めた。

党執行部は、首相が代表辞任を表明した以上、26日召集の特別国会前に新体制を発足させる必要があると考えた。来夏には参院選が控えており、正月から新しい「選挙の顔」をアピールしたいという思惑もあったに違いない。

だが、19日の民主党両院議員総会では、拙劣な政権運営と衆院選惨敗について「何ら反省も総括もないまま、新代表を決めるのは拙速だ」との意見が噴出した。

落選者や地方の声を聞いて敗因を分析しないと参院選も同じ結果になるとの認識も理解できる。

代表選延期はやむを得まい。表紙を代えるだけでは党再建は困難だ。真摯(しんし)に総括し、代表選を行えるよう調整を急ぐべきである。

民主党は衆院で57議席に激減したが、野党第1党だ。巨大与党をチェックし、建設的な論戦の一翼を担う責務がある。しっかりした新体制を作らねばならない。

それなしでは、民主党と3議席差まで躍進した日本維新の会に、いずれ2大政党の一角をとって代わられよう。

代表候補には、岡田副総理、細野政調会長、馬淵澄夫政調会長代理らの名が取り沙汰されている。だが、まだ誰も名乗りを上げようとしないのはどうしたことか。

衆院選の結果に関連し、落選した田中文部科学相は「首相の独りよがりだ。『自爆テロ解散』で惨敗すると思った」と酷評した。大学新設不認可問題で混乱を招き、政権のイメージダウンの一因となったことはもう忘れたらしい。

自らの失敗を顧みず、安易に他者に責任転嫁するのは、民主党の()しき体質である。

読売新聞の世論調査によると、民主党敗北の理由は、「党内のまとまりがなかった」との回答が51%で最も多い。「民主党政権の実績に不満があった」が21%で続いた。「野田首相に不満があった」は、わずか4%だった。

民主党はこれまで、重要政策の党内論議を先送りしがちだった。議論の末に決まったことを平気で蒸し返すなど、迷走が目立ち、政権党の体をなさなかった。これでは実績が上がるはずもない。

衆院選の総括と同時に、党の綱領策定や憲法改正の議論が欠かせない。それが政策の方向性をしっかり定め、団結力を高めることにもつながろう。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1264/