中国GDP 景気減速をどう食い止める

読売新聞 2012年10月21日

中国GDP 景気減速をどう食い止める

欧州危機の影響や、日中関係の冷え込みなどから、中国経済の減速に歯止めがかからない。中国政府の景気テコ入れ策が焦点になってきた。

中国の2012年7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値は実質で前年同期比7・4%増となり、7四半期連続で減速した。政府が掲げてきた今年の成長目標7・5%を下回った。

中国にとって、8%成長は経済や雇用を維持する「最低ライン」とされる。だが、景気底入れの見通しは立たず、12年通年の成長率も13年ぶりに8%を割る公算が大きくなったと言えよう。

成長センターとして世界経済を牽引(けんいん)してきた中国経済のもたつきで、日本などに悪影響が広がることを警戒しなければならない。

中国の景気減速は、最大の輸出相手である欧州の信用不安が拡大し、欧州向け輸出が不振だったことが主因だ。このため、輸出企業などの生産が停滞している。

沖縄県・尖閣諸島を巡って日中関係が悪化している影響もある。中国で自動車などの日本製品の不買運動が広がって販売が落ち込んだ。エンジン役である個人消費の勢いも鈍っている。

中国リスクの高まりで、多くの日本企業が中国での減産を決めた。日本から部品を輸出し、中国で完成品に組み立てるという分業体制にも支障が出始めている。

こうした動きが広がれば、生産低迷に加え、日系工場などで働く中国人の雇用や所得環境が悪化し、景気は一段と冷え込もう。

中国政府は4年前のリーマン・ショック後、大型景気対策でV字回復をいったん達成した。反面、不動産バブルなどの副作用を招いたため、当局は今回、同じような大型対策には慎重とされる。

ただ、中国は来月、習近平国家副主席が最高指導部を率いる新体制に移行する不安定な時期にある。景気減速を食い止めないと、政府の基盤が揺らぎかねない。

都市と農村の経済格差や、若者の失業増大なども社会問題化している。安定成長を維持することが何よりも求められよう。

具体的には、すでに進めている高速道路などインフラ整備の前倒しを加速するとともに、個人消費の活性化策が欠かせない。追加の金融緩和策も選択肢となる。成長とバブル再燃阻止を両にらみし、迅速に対応してもらいたい。

日中貿易を拡大し、日本からの投資を呼び込むことが必要だ。中国当局は対日強硬姿勢を改め、関係正常化を急ぐべきである。

産経新聞 2012年10月22日

中国経済 失速リスクの備え怠るな

中国経済は、もはや黄信号から赤信号に変わりつつあると見た方がよいのではないか。日本企業は、中国経済の失速が現実のものとなったときの備えを進めておくべき時期が来ている。

今年7~9月期の中国の実質国内総生産(GDP)は前年同期比7・4%の伸びにとどまった。7四半期連続の成長率鈍化であり、経済の減速ぶりは顕著だ。4~6月期に続く8%割れで、政府目標の年間7・5%成長の達成も微妙になっている。

中国では雇用の維持に「8%成長」が必要とされている。このままでは雇用不安が表面化しかねない。きわめて危うい状況だ。

高度成長を続けて世界2位の経済大国になった中国は、その一方で、富が特定の地域や階層に集中する深刻な所得格差が起きている。雇用危機で、好況の陰に隠れていた社会矛盾が一気に噴き出す可能性もある。中国政府も、財政や金融など政策を総動員して景気の軟着陸を図るだろう。

ただ、世界経済全体の停滞で輸出の急回復は望めない。リーマン・ショック後の大規模な景気対策で生じた不動産バブルに加え、生産・供給の過剰など不安材料は多い。中国経済は、減速から失速に転じる懸念が高まっていると言わざるを得ない。

これは世界経済、とりわけ近年、中国への依存度を高めている日本には警戒すべき事態だ。

中国は日本にとって最大の貿易相手国だ。進出企業は約2万2300社に上る。対中直接投資も米欧の勢いが鈍る中で日本の伸びは突出し、中国の経済状況が悪化した場合の衝撃は計り知れない。

安い労働力を求めて中国に進出した製造業は、人件費上昇という問題に悩まされている。流通・サービス業にとって人口13億人の市場は魅力だが、沖縄県・尖閣諸島の国有化をめぐる暴動でデパートなどが真っ先に標的になった。

今後、経済状況の悪化で社会不安が増せば、再び襲撃リスクが高まる可能性は否定できない。

日本企業にも、ミャンマーやベトナムなど「中国以外のアジア」に拠点を分散する動きが出てきた。完全撤退は非現実的としても、中国集中の利益とリスクを改めて精査したうえで、分散を加速すべきだ。中国経済の失速も見据えた対応策を立てておくのは、企業経営者の責務である。

この記事へのコメントはありません。

この社説へのコメントをどうぞ。
お名前
URL
コメント

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックはこちら
http://shasetsu.ps.land.to/trackback.cgi/event/1211/